法名(戒名)について

戒名とは仏様の弟子となった事を表す名です。戒とは仏弟子として守らねばならぬ戒律のことです。お坊さんから戒律を授かり名をもらうことで戒名となります。
※浄土真宗は戒律がありませんので法名といいます。
※日蓮宗は戒名とは言わず法号と言います。

院号

院号は、生前にお寺を建立するほど寺院に貢献した人、相当の地位や身分、功績のあった人にだけ与えられるものです。

道号

仏道を修得した特別な人に対する呼び名です。中国にこの道号が生まれ、それが禅僧によって日本に伝わり二文字の戒名の上につけられるようになりました。今では一般の方にも二文字の道号を付けるようになりました。

戒名

戒名はどのような方でも二文字です。仏の世界では皆平等であるという意味合いです。

位号

仏教徒としての位をあらわし、性別や年齢、地位により異なります。

浄土宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗(一般例)

【男性】

○○院□□△△信士

○○=院号 □□=道号 △△=戒名 信士=位号

【女性】

○○院□□△△信女

○○=院号 □□=道号 △△=戒名 信女=位号

浄土真宗(一般例)

【男性】

○○院釋□□

○○=院号 □□=法名

【女性】

○○院釋尼□□

○○=院号 □□=法名

※地域風習によっては位号(信士・信女)が先祖に付いている場合がございます。

日蓮宗(一般例)

【男性】

○○院法□日△信士

○○=院号 法=道号 □=日号 信士=位号

【女性】

○○院妙□日△信女

○○=院号 法=道号 □=日号 信女=位号

位号の種類一覧

【男性】

信士(しんじ)

【女性】

信女(しんにょ)

※成人の男性と女性の一般的な位です。

【男性】

居士(こじ)

【女性】

大姉(たいし・だいし)

※成人の男性と女性で、信士(信女)より寺院に貢献した人に付けられます。

【男性】

童子(どうじ)

【女性】

童女(どうにょ)

※15歳位までの子供に付けられます。

【男性】

孩児(がいじ)

【女性】

孩女(がいにょ)

【男性】

嬰児(えいじ)

【女性】

嬰女(えいにょ)

※5歳位までの子供に付けられます。

水子(すいじ)

※死産や乳児に付けられます。

登録僧侶様募集中法名(戒名)について人形仏壇供養堂